花ごよみ

菜の花

豊田地区長丘丘陵

「朧月夜」の歌詞を思い起こす春の風景

中野市豊田地区にはかつて、菜種油をとるために広く菜の花が植えられていました。
唱歌「朧月夜」を作詞した高野辰之は、生まれ故郷のこの風景を「菜の花畑に入り日薄れ」のモデルにしたといわれています。

基本情報

期間・時間
見ごろ 5月上旬
料金
無料
駐車場
無し
交通アクセス
上信越自動車道豊田飯山ICから車で約5分 長電バス永田バス停から徒歩約10分
お問い合わせ
信州なかの観光協会 0269-23-2211
前ページに戻る
ページの先頭へ