高野辰之記念館

「故郷」「朧月夜」などの唱歌を生み出した高野辰之

高野辰之記念館の写真

高野辰之は、幼年時代を豊かな自然の中で育ちながら学問の道を志し、苦学の中からわが国近代の文学に大きな功績を残した人物です。
辰之は国文学における教育者でありながら、「故郷」「紅葉」「朧月夜」などの日本のこころのふるさとを歌う文部省唱歌の作詞もしました。
高野辰之記念館は、辰之が学び、教鞭をとった永田尋常小学校の跡地にあります。また、永江の地区内には辰之が遊んだ場所を巡る遊歩道があります。


基本情報

所在地〒389-2104  中野市永江1809 
開館時間【3月〜11月】9:00〜17:00
【12月〜2月】9:30〜16:00
※入館は閉館30分前まで
休館日・12月1日〜3月31日までの間の祝日以外の月曜日
・12月29日〜1月3日
※4月〜11月は無休
観覧料【一般】300円 【高校生】150円
※団体割引 (20名様以上)【一般】230円 【高校生】100円
※中学生以下及び中野市内に住所を持つ70歳以上の方、
身体障害者手帳等 保持者と付添いの介助者1名は無料
ホームページhttp://www.city.nakano.nagano.jp/tatsuyuki/index.htm他のサイトへ
お問い合わせTEL.0269-38-3070

アクセスマップ


前のページにもどるこのページのトップへ